本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2013年ニュースリリース>
  4. モーダルシフトへの一助 鉄道コンテナ輸送用防振材「ピタスキッド」の商品化を実現
2013年04月10日 商品・サービス情報

モーダルシフトへの一助 鉄道コンテナ輸送用防振材「ピタスキッド」の商品化を実現

 RIMG0267改.jpg

 CO2削減策として、貨物自動車輸送から鉄道コンテナ輸送へのモーダルシフトがクローズアップされています。しかし、鉄道コンテナ輸送の弱点として、長時間の微振動で段ボール同士の擦れで発生する紙粉問題や、商品と緩衝材等の擦れによる傷クレーム問題があります。そういった弱点を軽減する商品の一つとして、当社は「ピタスキッド」を開発しました。
 当社が扱っている緩衝材「ピタフォーム」(低反発軟質発泡体)は、衝撃エネルギーや振動エネルギーを抑制する効果があります。当初は、スポーツ業界向けの衝撃吸収材であり、その技術を物流業界の衝撃吸収材へと転用したものです。2009年に当社物流商品部は、「ピタフォーム」の製造元と検討を重ね、12mm厚ラワン合板にピタフォームを等間隔に貼り合せた「鉄道コンテナ輸送用防振材(商品名:ピタスキッド)」の商品化を実現しました。使用方法はシンプルであり、例えばJRの12フィートコンテナの場合、コンテナ1基に対し6分割した「ピタスキッド」を敷詰め、荷造養生された商品を積載します。2010年6月には大手自動車メーカーによる20回の輸送トライアルを経て、「衝撃吸収・振動吸収効果がある」との結果を得て大口採用となりました。

ピタスキッド2
コンテナ床に敷詰め、振動や衝撃を吸収

 また、昨年10月に開催された「2012年東京国際包装展」では、「ピタフォーム」を展示し、各物流関係企業をはじめ多くの企業から好評を得ました。当社は今後も、モーダルシフトへの一助できる商品の開発に努め、お客様のニーズにお応えしてまいります。

問い合わせ先: 物流商品部 担当 熊谷
TEL:03-6734-8034


お問い合わせ
物流商品部 Tel:03-6734-8801 受付時間:月〜金 9:00〜17:30(土、日、祝祭日を除く)