本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2009年ニュースリリース>
  4. 物流業界初 米国基準C-TPATに対応したセキュリティーシステム導入
2009年03月26日 商品・サービス情報

物流業界初 米国基準C-TPATに対応したセキュリティーシステム導入

ロジスティクス・サポート事業部では、物流業界初の米国基準C-TPAT(テロ行為防止の為の税関・産業界提携プログラム)の最高基準(Tier3)に対応したセキュリティーシステム(以下「本システム」とする)を開発、導入しました。

2009-03sensor.gif

UHF帯のICタグを使用した本システムは、『共連れ防止』や個人用タグを悪用した『成りすまし防止』(カメラ画像での個人認証)、人的入退出管理を中心とした監視カメラでの不審者情報や従業員の勤怠の総合的な管理等を可能としました。
本システムの導入により、C-TPATに参加している顧客の北米向け貨物の輸入通関手続きを短縮でき、輸入税関検査の免除等を受けられます。

security_system.jpg
ユニット型ガードハウス

当社は、セキュリティーガイドラインの国際標準化の進捗をにらみ、本システムの外販を計画しており、輸出大国日本の一助となれたら幸いであると存じます。

システムの詳細はPDFファイルをご覧下さい。

※カタログ(PDF)の閲覧にはAdobe Readerが必要です。
ダウンロードはこちらから

get_adobe_reader.gif

 


 

お問い合わせ
ロジスティクス・サポート事業部 Tel:03-6734-8830 受付時間:月〜金 9:00〜17:30(土、日、祝祭日を除く)