本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2008年以前のニュースリリース>
  4. トヨタ自動車専用列車の出発式
2006年11月28日 商品・サービス情報

トヨタ自動車専用列車の出発式

2006年10月30日、日本通運、JR貨物が主催するトヨタ自動車部品輸送専用列車の運転出発式が、名古屋南貨物駅構内で盛大に行われ、専用貨車に当社製の『31フィートウイングコンテナ』を積載した専用列車(ロングパスエクスプレス※)が出発しました。

トヨタ自動車より、自動車製造部品を海上輸送から鉄道輸送に切り替えるモーダルシフトの物流案件を日本通運が受注し、当社、JR貨物他も加わりプロジェクトチームが発足。当社はその新しい鉄道輸送システムの構築の重要な一端を担うべく、日本通運に新型コンテナ『55ビッグエコライナー』を投入、名古屋南・盛岡間で輸送を開始。その後、運用上の検討を重ね、さらに同型コンテナ及び専用トレーラを納入しました。
CO2の削減とともに、従来のコンテナ輸送の10%の輸送力を増して、11月15日に正式に運用開始されました。今後もトヨタ自動車からは、さらに来年度に向けて鉄道輸送を強化し、CO2の削減への方針が打ち出されており、当社も大いに期待されています。

LONG PASS = Logistic of new generation parts service 次世代部品輸送サービスの意味
  • トヨタ自動車専用列車の出発式
  • トヨタ自動車専用列車の出発式