本文へジャンプ
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2008年以前のニュースリリース>
  4. UHF帯ICタグを活用した輸出梱包業務の品質保証・運用管理システムを開発、実運用を開始
2006年2月13日 商品・サービス情報

UHF帯ICタグを活用した輸出梱包業務の品質保証・運用管理システムを開発、実運用を開始

ロジスティクス・サポート事業部では、UHF帯ICタグを活用した輸出梱包業務の品質保証・運用管理システムを開発。2006年2月6日から自動車量産部品の輸出梱包業務を主に行っている鈴鹿LSセンターで実運用を開始しました。
物流・包装業界でのUHF帯ICタグの実用化は、国内初となります。
今後は、当ICタグシステム開発で培ったノウハウを基軸に、一層の物流品質、物流効率の向上を図るため、ICタグを活用した包装仕様提案、自動化ライン提案、システムのパッケージ販売提案を行っていきます。また、システムに蓄積されたデータを世界規模で活用すべく、物流のトレーサビリティ管理、リターナブル容器管理などの付加価値あるグローバルネットワークシステムの開発に取り組んでまいります。

お問い合わせ
ロジスティクス・サポート事業部 Tel:03-6734-8830 受付時間:月〜金 9:00〜17:30