社員紹介

保険があるから、
踏み出せる。
挑戦する企業の、
力になれる。

  • 八坂 茉由
  • 東京支店 保険部 営業第一課
    2017年入社
    文学部日本文学文化学科 卒

企業存続に関わるリスクから、
お客さまを守る。

物流の現場にはさまざまなリスクがあります。トラックなどの車両事故、運送中や保管中に生じる製品へのダメージなど。従業員がフォークリフトを建物にぶつけただけで、数千万円の損害賠償が発生するケースもあります。中小企業にとっては会社存続にかかわる大打撃。そんなとき、予め保険に加入していれば、この危機を回避することができます。現在、法人営業を担当している私のミッションは、こうした事業上のリスクからお客さまを守ること。物流機能を持つ中小企業を中心に、自動車保険から火災保険、賠償責任保険、生命保険まで、幅広くご提案しています。基本的にどのお客さまもなんらかの保険に加入していますが、リスクを十分にカバーしきれていないケースが実は非常に多い。ゆえに私たちが力になれるチャンスもまた多いのです。

未来を託してもらうからには、
何度でも会いに行く。

日通商事の強みは、安定した顧客基盤があることです。日本通運グループの社員にも個人向けの保険商品をご提案できますし、他部門から法人のお客さまを紹介してもらう機会も豊富です。たとえばリース部門と連携し、保険もセットでご提案するようなケースです。でも、そこに安住せず、保険部としてお客さまとの関係を構築することを意識しています。営業スタイルは人それぞれですが、私が大切にしているのは、お客さまのもとに足繁く通うこと。そして、よき相談相手として認めていただくこと。それを再認識したのは、遠方にお住まいの、あるお客さまを訪問したときでした。「わざわざここまで来てくれる営業さんは、今までいなかった。やっぱり顔がわかると安心できるね」そうおっしゃっていただき、ご契約をいただけたんです。とても嬉しかったですし、実際に対面してお話をすることで、抱えているお悩みやご要望に沿った提案ができると改めて感じました。

SCHEDULE1日の流れ

  • 帰宅

  • 営業結果をまとめる、
    翌日の営業準備

  • 営業活動、お客さま訪問

  • 昼食

  • 社内で見積もり等の書類を作成

  • 出勤後、当日のスケジュール確認、
    メール内容の確認

My Strong Point is相手を思う

  • 入社以来、さまざまなお客さまと向き合ってきました。個人のお客さまや企業の若い担当者、自分の親くらい年齢の離れた経営者。そうした経験の積み重ねから、お客さまが話しやすくなるような接し方が徐々につかめてきた実感があります。今では、お客さまのほうからご連絡をいただくことも増えました。それは、私という人間への信頼の証であり、寄り添い続けて良かったと嬉しく思う瞬間でもあります。保険は、将来のリスクに備えるお守りのようなもの。万が一何かがあったときは、その人を守ってくれる心強い存在です。だから、保険営業としての私も、お守りのようにその人に寄り添い続ける存在でありたいですね。

Off time

  • 仕事が早く終わった日はヨガやマッサージに行きます。翌日からまた仕事を頑張るためにも、仕事後の時間でいかにリフレッシュできるかが大切です。休日は、友人や家族と過ごすことが多いです。音楽が趣味で、ライブなどにもよく参加しています。