社員紹介

商品だけじゃない。
自分も含めて
一つの商材なんだ。

  • 川上 宗真
  • 東京支店 リース第一部 営業第三課
    2015年入社
    人間開発学部健康体育学科 卒

入社1年目、
100社以上ぶんの経験値を積む。

リース事業は、コピー機やフォークリフトといった機器を、お客さまの代わりに購入して、数年間貸し出すビジネス。お客さまにとっては、購入するよりも費用を抑えられるなど様々なメリットがあります。今でこそ、金融知識の求められる奥深い仕事と言えますが、学生時代はそんな基本すら知りませんでした。大きく変わったのは1年目、OJTの先輩に一から教わった日々のおかげでした。最初の頃は、がむしゃらに営業訪問するばかりで、ミスの連続。でも、そのたびに先輩が辛抱強くサポートしてくれたんです。リース契約には様々な種類があること、それによって会計上のメリットが異なること、契約金額が大きいほど与信審査もデリケートであること。事細かに教えてもらいました。リースに関する知識が深まるにしたがい、あらゆる業界の企業を任されるようになっていきました。そして1年目が終わる頃には、何十社ものお客様を担当するまでに。先輩には、今でも本当に感謝しています。

「川上さんじゃなかったら、
契約してなかったよ。」

自分自身を売ることができれば、商材に関わらず何でも売ることができる。そう再確認したのは、あるお客さまを担当したときのこと。過去に取引はあったものの、ここ数年間、取引額が減っていたお客さまでした。部署一丸となって関係構築に取り組む中で、私が担当を引き継ぎました。最初に取り組んだのは、まずは担当者の方に自分という人間を知っていただくこと。実業団の剣道部に所属していること、最近はゴルフにはまっていること。なんでも話すうちに、その方もプライベートの話をしてくださるようになりました。個人的に連絡先を交換し、「困ったことがあったらなんでも相談してね」と嬉しいひと言もいただきました。こうした濃密なつながりを持てた結果、最終的に他社で契約をしていた車両も、入替のタイミングでリース契約を受注。「川上さんじゃなかったら、契約してなかったよ。」そんな営業冥利に尽きる言葉までいただきました。

SCHEDULE1日の流れ

  • 帰宅

  • 翌日のスケジュール等を
    確認

  • 見積書、契約を結ぶための
    社内申請書作成

  • 営業訪問

  • 昼食

  • 見積書、契約を結ぶための
    社内申請書作成

  • 出社、メールの確認

My Strong Point is相手を思う

  • リースは、提供する「商品」がライバル企業と同じでも、単純な価格勝負にはなりません。なぜなら、私という人間も含めて、ひとつの「商材」だからです。競合他社がなかなか訪問しないような企業さまにも、足繁く通う。連絡をいただいたら、即返答する。リース対象外の商材をご希望のお客さまに対しては、「無理です」と断るのではなく、支払委託などの代替案を模索する。こうした行動の数々が付加価値となるのです。「自分を売る」とはそういうこと。すると「困ったときは川上さんに頼もう」と優先的にご連絡をいただけるようにもなります。つくづく、人間力が問われる仕事だと思います。

Off time

  • 日通商事には実業団の剣道部があり団体戦で関東大会優勝の実績を誇る強豪チームなんです。私は現在5段で、大会では副将を務めることもあります。結婚してからは、料理にもはまっています。お店の味を高いレベルで再現できたときが、嬉しいですね。